株式会社マスダックマシナリー

ご活用事例

有限会社彦九郎正之 様

有限会社彦九郎正之

京菓子司 彦九郎は、日本橋人形町の甘酒横丁にある老舗和菓子店だ。
京都で発祥し、1951年(昭和26)年には日本初の名店街に名を連ねて東京に進出。その後、人形町に支店を出し拠点を東京に移した。
人気商品は「とらやき」とわらび粉100%の「わらび餅」。その他定番商品には断面が5色の「彦九郎まんじゅう」や京菓子らしい「すはま団子」など特長のある商品を揃えている。
長い歴史で培ってきたものを大切に、数々の名店がある人形町のなかで選ばれる唯一無二の店を目指し、日々取り組んでいる。

有限会社彦九郎正之 様

  • 本社所在地東京都中央区日本橋人形町2-11-3
  • URLhttps://www.hikokurou.jp/
  • 掲載号マスダックニュース2022年2月号

小型どら焼機

1964年にどら焼機を導入。メンテナンスをしながら長くお使いいただいた機械を、2020年10月に更新された。看板商品の「とらやき」の生産にお使いいただいている。
「とらやき」はふわふわの生地でたっぷりのつぶあんを挟んだ店舗でも人気の商品。紙がついたまま包装されており、紙を剥がすとトラ模様が出てくるという楽しさがある。
機械について、「前の機械を長く使っていたので焼き色の付き方の違いなど慣れるのに少し時間がかかったが、今は品質も安定している。何かあった時にすぐ相談できるので、安心して生産できている」とお話しいただいた。

「とらやき」

「とらやき」

「とらやき」生産の様子

「とらやき」生産の様子

焼けた皮は紙がついたまま折りたたんで取り出す

焼けた皮は紙がついたまま折りたたんで取り出す

お問い合わせ・資料請求