【安全稼動のヒント・豆知識編 3】トンネルオーブン:ガス漏れを察知 ガス検知警報器

※掲載内容は2001年1月現在の情報です。現在とは異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

【トンネルオーブン】ガス漏れを察知 ガス検知警報器

可燃性ガスの漏洩を連続的に測定監視し、事故を未然に防止するためにガス検知警報器がオーブンに設置されています。この装置は保安機器という性格から日常点検・整備、校正作業を定期的に実施することが極めて重要です。

警報器の現状はどうでしょうか?

こんな状態ではありませんか?
・長期間警報器の点検をしていない
・正常に検知しているかどうか分からない
・どんなものかよく分からない

点検

定期的点検 ~専門技術を持った方が行う点検が必要です~

ガス検知警報器を正しく維持・使用していただくために、充分な経験と専門技術を取得された人、またはメーカーのサービス員による点検が定期的に必要です。点検をお考えの場合はご相談ください。
■こんな時はご相談ください■
工場移転、設置場所の変更、ガス種類の変更、夏場高温になる環境(40℃近く)、長期間点検していない時

日常点検 ~正常に作動しているかどうか?これは点検しましょう~

点検項目 点検方法
(1)ゼロ点確認 検知部付近の空気の状態が正常な状態
(2)電源ランプの動作 「ガス濃度指示計」ユニットの電源ランプ(緑色)が正常点灯していることを確認
(3)流量点検 「フローチェッカー付フィルタ」のフロートが下がっていないか確認(0.7リットル/M以上であればOK)
(4)フィルター点検 「フローチェッカー付フィルタ」のフィルタエレメントが汚れていないか確認、汚れている場合は早めの交換が必要
(5)オートドレンの水面チェック 検知警報器系統の配管内で結露などの水滴を回収しているので水面レベルを確認。余分に溜まっている場合は下部の水抜きコックから余分な水を抜く

ガス検知警報器の構造

【ココをチェック】もしも警報を発したら

  1. 慌てず付近に火気がないか確認
  2. いかなる場合でも電気スイッチには手を触れない(電気スイッチ開閉による火花が引火の原因になることがある)
  3. 窓や扉を開き通気を良くする
  4. ガス漏れ箇所を確認し速やかに(取扱説明書にそって)処置をする

【安全稼動のヒント・豆知識編】バックナンバー

  1. 安定稼動のヒント・豆知識紹介
  2. サーマルメディアオーブン:キャタピラ搬送時のノッキング
  3. サーマルメディアオーブン:ガス漏れを察知 ガス検知警報器
  4. サーマルメディアオーブン:高価なスチールベルトの安定走行
  5. 直焼き焼成機:より良い直焼き製品をつくるため知っておきたい豆知識
  6. 直焼き焼成機:焼き板の汚れと洗浄方法
  7. 自動どら焼機:「こんなこと」なぜ起こるか?「こんなとき」どうするか? 焼成機編
  8. 自動どら焼機:「こんなこと」なぜ起こるか?「こんなとき」どうするか? 餡装置編
  9. 充填機と生地について
  10. ユニット式充填成型機 システムデポリー
  11. 一口絞り機の有効活用
  12. サンド機の機能徹底紹介