【安全稼動のヒント・豆知識編 2】トンネルオーブン:キャタピラ搬送時のノッキング

※掲載内容は2000年12月現在の情報です。現在とは異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

【トンネルオーブン】キャタピラ搬送時のノッキング

オーブンの入口から出口まで製品を搬送するキャタピラ。滑らかに動いていますか?このキャタピラが何らかの原因によって小さくスキップしているような動きをすることがあり、この症状をノッキングといいます。これはチェーン部の給油の仕方に起因する滑り、または部品の磨耗等によって動きが悪くなっている状態です。

ノッキングによる影響

製品 機械
与える影響(例) ●液状生地(プリン等)の表面の割れやブレ
●カップのフチへ生地付着
●生地が焼けて膨らむ状態(α化)の妨げ
●キャタピラ搬送用ローラーチェーンの磨耗
●減速機のギヤの磨耗
●スプロケットの軸と軸受けにガタ
症状 品質の低下・ロス発生

ノッキングの主な原因について

下記は「ノッキングの原因」になることですが、同時に「ノッキングしたことが原因」で各部の消耗が早まってしまうことも起こります。

症状 キャタピラ搬送用
ローラーチェーンの磨耗
減速機のギヤの磨耗 スプロケットの軸の キーのガタ
原因・対策 各部品の耐久度・使用条件や頻度により異なりますが、ある一定期間稼動すると磨耗するものなので、交換工事が必要となります。
この中のいずれかの要因や給油過多で起こるノッキングがそれぞれの磨耗を早めたり、ガタが起きる(また大きくする)原因にもなります。

チェーンへの給油量過多 ~不的確な給油はノッキングの原因に!~

●給油場所:
チェーンのリンクつなぎ部のみ(右写真)
※ローラーに給油してしまうとローラーが滑りすぎてノッキングする
●給油量:
リンクつなぎ部に各1滴程度
多いとレールに漏れ、ローラーが滑りすぎてノッキングする

【ココをチェック】やっていますか?点検・お手入れ一口メモ

キャタピラ搬送用ローラーチェーンの給油(耐熱油) 入口テンション部の給油(グリース) 駆動チェーンの給油(マシン油)・点検
目安:1,000時間
※給油後は1時間程度空焼きすることをお勧めします。
キャタピラの安定走行と発煙による臭いが製品に付着することを防ぎます。
1.ガイド・テークアップ部(目安:6ヶ月)
2.ピローユニット部(目安:6ヶ月)
給油:駆動チェーン(目安:200時間)
点検:チェーンの張り具合を確認してください

【安全稼動のヒント・豆知識編】バックナンバー

  1. 安定稼動のヒント・豆知識紹介
  2. サーマルメディアオーブン:キャタピラ搬送時のノッキング
  3. サーマルメディアオーブン:ガス漏れを察知 ガス検知警報器
  4. サーマルメディアオーブン:高価なスチールベルトの安定走行
  5. 直焼き焼成機:より良い直焼き製品をつくるため知っておきたい豆知識
  6. 直焼き焼成機:焼き板の汚れと洗浄方法
  7. 自動どら焼機:「こんなこと」なぜ起こるか?「こんなとき」どうするか? 焼成機編
  8. 自動どら焼機:「こんなこと」なぜ起こるか?「こんなとき」どうするか? 餡装置編
  9. 充填機と生地について
  10. ユニット式充填成型機 システムデポリー
  11. 一口絞り機の有効活用
  12. サンド機の機能徹底紹介