技術・サービス情報【工場の衛生・環境改善編 4】準清潔作業区域 計量室

※掲載内容は1999年12月現在の情報です。現在とは異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

準清潔作業区域 計量室

汚染作業区域からの粉塵(細菌・カビ)や小蝿、ゴミなどの侵入を防ぐため隔壁などで区別します。準清潔作業区域(計量室)とは材料などを直に取り扱う、汚れてはいけない場所であることを認識し、入室時は着替え、ヘアーネットやマスクの着用、服装の点検を実施し毛髪などの異物除去、消毒、除塵してから入室することを意識徹底することが重要です。

目的と注意点

【品質管理】改善処置方法:1,2,3,4,5

  • 水質・材料など、製品となる素材の安全を確保
  • 品質安定のための計量器具の点検と計量方法のマニュアル化

【異物混入】改善処置方法:6,7,8,9,10

  • 機械・道具からの混入を防止
  • 体についた毛髪・糸屑などの混入を防止
  • 作業場の衛生管理

【細菌汚染】改善処置方法:11,12,13,14,15,16

  • 洗浄・消毒・殺菌により細菌汚染を防止
    (器具・道具類、作業者、廃棄物、落下菌、害虫)

【室内空調】改善処置方法:17,18,19

  • 適温適湿保持(作業上・保管上)、品質一定保持や腐敗防止のため室内空調を管理

改善処置方法

  1. 水質検査を実施[年1回]
  2. 材料の受入日など記録保存の確認[毎日]
  3. 汚染危険原料(腐敗しやすいなまもの、乳製品など)と他原料との分離保管
  4. 計量器のゼロ点合わせ、故障箇所がないか確認[毎日・作業開始前]
  5. 材料はハカリまたは測定器具を使用し、目測を避け正確に行う
  6. 機械や道具などの部品破損による落下が起きないよう生産前に点検
  7. 機械油などが混入しないよう機械の状態に注意
  8. 入室時の着替え(専用の履物・作業着)、清潔なヘアーネットやマスクの着用、異物除去(粘着ロール)、除塵(エアシャワーなど)、手洗い消毒の徹底
  9. 害虫侵入防止策の措置(詳細は衛生・環境改善編3参照)
  10. 作業周囲を清潔にし、整理整頓と定置管理を徹底
  11. 器具や道具類の洗浄・殺菌(アルコール・熱湯など)の実施[毎日]
  12. 作業者の怪我や傷の確認、手指の消毒[毎日]
  13. 作業者の定期的な検便を実施[6ヶ月毎]
  14. 廃棄物の分別収集と消却[毎日]
  15. 室内落下菌の防止(いろいろなケースが考えられます。ご相談ください)
  16. 定期的な害虫駆除、消毒[6ヵ月毎]
  17. 適温保持のための温度・湿度管理を実施、温・湿度計の設置
  18. 空調設備の設置(温度・湿度・換気の管理)
  19. 換気、空調設備の定期清掃・点検[6ヵ月毎]

非汚染区域の望ましい構造

計量室も粉塵が発生し、床・天井・配管やダクト、照明器具などは構造によって粉塵や小蝿、ゴキブリなどが溜まる場所になります。

  • 汚染作業区域からの汚染源侵入防止のため、非汚染区域(準清潔作業区域や清潔作業区域)は隔壁などで区別
  • 床・・・平滑な材料を使用し、掃除しやすい構造(隅に角をつくらないなど)
  • 天井・・・平滑で掃除しやすい構造、配管類やダクトは露出させない
  • 照明器具・・・埋め込みのものが良い(ホコリなど溜まりにくい構造)

【工場の衛生・環境改善】バックナンバー

  1. 環境改善の提案について
  2. 汚染作業区域 搬入場
  3. 汚染作業区域 原料倉庫
  4. 準清潔作業区域 計量室
  5. 清潔作業区域 生地調整・仕込み室
  6. 清潔作業区域 洗い場(洗浄室)
  7. 準清潔作業区域 焼成室
  8. 清潔作業区域 仕上工程(1) 作業場
  9. 清潔区域作業 仕上工程(2) クリーンルーム
  10. 清潔作業区域 仕上工程(3) クリーンルーム設備についての参考資料
  11. 清潔作業区域 包装室
  12. 準清潔作業区域 出荷場
  13. 汚染区域 更衣室・作業員出入口
  14. 作業者の具体的管理