【展示会出展情報】JAPAN PACK 2019に出展しました

株式会社マスダックマシナリーは、2019年10月29日(火)から11月1日(金)までの4日間、幕張メッセにて開催された「JAPAN PACK  2019(日本包装産業展)」に出展しました。

展示会名 JAPAN PACK 2019(日本包装産業展)[公式サイト]
主催:一般社団法人日本包装機械工業会[主催者サイト]
開催期間 2019年10月29日(火)~11月1日(金)
10:00~17:00
会場 幕張メッセ 国際展示場2~8ホール[会場サイト
千葉県千葉市美浜区中瀬2-1
小間番号 6ホール 6M-09
出展内容 【出品機】全自動どら焼機

JAPAN PACK 2019は終了致しました。多くの方にご来場いただき、誠にありがとうございました。

会場では仕込み工程から、各種検査、包装までの一貫生産ラインでバターどら焼の生産を実演をしました。出品機をご紹介します。

多くの人で賑わうブースの様子

実演したどら焼

ディバイダースケール(自動小分け計量装置)

粉のふるい、異物除去、計量までを自動でおこなう。集塵機能で粉の舞い上がりを防ぐ

プレッシャーケーキミキサー

短時間で細かな気泡を、均一に生地に含ませる。配管でホッパーへ生地を自動供給できる

全自動どら焼機

生地充填から中味充填、合わせ、焼印、耳締めまでを自動でおこなう

品質検査装置

カメラで製品表面の外観(焼きムラや中味のはみ出しなど)を検査。上面だけでなく、人手では難しい下面、側面も検査できる

X線検査機、金属検出機、重量選別機

製品にX線を照射することで、異物混入や欠品を検査。また、金属類の混入、製品重量の検査もライン上で動きを止めることなく検査可能

フィンガーレス横ピロー自動包装機

脱酸素剤を製品の流れに合わせて製品の下に入れ、ピロー包装する。ガス置換、脱酸素剤により、製品のロングライフ化が可能

リークテスター

気体の漏れを検知し、包材のピンホール事故を防ぐ

隣接する日本包装機械工業会ブース

製函、箱詰め、パレット積みまで、包装後から出荷前までの各工程を展示

IoTパネル展示コーナー

どら焼生産の様子をリアルタイムでモニタリング。稼働時間やトラブルなどを見える化し、IoTによる事後保全・予防保全を提案