【ご活用事例】株式会社新正堂 様

株式会社新正堂

本社所在地 東京都港区新橋4-27-2
URL https://www.shinshodoh.co.jp/
掲載号 マスダックニュース 2020年4月号

新正堂は大正元年に創業し、新橋の一画で100年以上「街の和菓子屋」の伝統を繋いでいる。

看板商品の「切腹最中」や、オフィス街らしい「景気上昇最中」、新しく開通した新虎通りに因んだ「新虎ど~ら」など地域や歴史を意識した商品を開発。また、話題や人気に踊らされず、「おいしさ」を追求して品質の改善を重ねながら、お菓子とともに季節感や年中行事の意味を若い世代にも伝えている。

小型どら焼機

2019年、店舗の裏に新工場を新設し、2007年に導入した小型どら焼機を移設した。高温で両面をしっかり焼いた、ふんわりした皮が特長の「陣太鼓どら焼」、餡と生クリームを挟んだ洋風の「生どら焼」を生産している。
「焼き方や速さをすぐ調節できる。出来上がりの大きさも揃い、他の人が焼いても同じようにできるので使い勝手がとても良い」
また、ラムレーズンと白餡を挟んだトラ焼「新虎ど~ら」も生産している。
「これから、機械を使ってさらに新商品の開発をおこなっていきたい」とのことだった。

「陣太鼓どら焼」

「生どら焼」定番の小豆の他に5種類ある

新虎通りの開通を記念して開発された虎の形のトラ焼「新虎ど~ら」

「陣太鼓どら焼」生産の様子