【ご活用事例】株式会社松田商店 様

株式会社松田商店

本社所在地 静岡県藤枝市茶町1-10-29
URL http://www.shinchaen.com/
掲載号 マスダックニュース 2020年3月号

松田商店は、江戸時代の寛政3(1791)年に創業した製茶問屋の老舗である。全国から選抜される120人の茶師が茶鑑定技術を競う、全国茶審査技術競技大会で優勝(農林水産大臣賞受賞)した〝利き茶日本一の茶匠〟としても名を馳せている。

20年程前、自社ブランド「真茶園(しんちゃえん)」を立ち上げお茶の通販を開始。さらに、菓子の材料として使われることの少ない、甘く上質な抹茶を使った「抹茶どらやき」を開発した。その後、地元からの支持を受けて、母屋にお茶&抹茶スイーツ専門店「真茶園 茶町本店」を開店し小売業にも進出した。現在では、自社商品だけでなく同業者や地域の観光施設などのOEM生産もおこなっている。

 

中型どら焼機

2018年10月にスイーツ工房を新設し、中型どら焼機を導入。人気商品の「抹茶どらやき」、「茶まどら」の他、OEM生産も行っている。どら焼は抹茶クリームを使用した通年商品に加え、季節ごとに限定の商品を開発している。
「以前は手焼きだったため作る数が限られていたが、機械を導入することで品質の安定した商品を量産できるようになった。店舗だけでなく通販でも人気の商品になっている」
また、機械については「導入前と同じ仕上がりにすることが課題であったが、焼き方を細かく調整できるので思い通りの仕上がりになっている」とのことだった。

抹茶バタークリームと餡を挟んだ「抹茶どらやき」

「抹茶どらやき」生産の様子