【ご活用事例】雲南嘉華食品有限公司 様

雲南嘉華食品有限公司

本社所在地 The small sentinel Chenggong Industrial Park, seven meadow, Chenggong County, Kunming, Yunnan
掲載号 マスダックニュース 2019年8月号

嘉華食品は、中国南西部最大級のベーカリーチェーンだ。
雲南省の省都、昆明市の郊外に広大な本社工場を構え、3ブランド約300店舗を展開。
メインブランドの「JOY BAKERY/嘉華餅屋」は、日本の国土程ある雲南全域に。欧州スタイルの高級ベーカリー「JUST HOT」は、市街地に13店舗。そして土産菓子専門店「嘉華鮮花餅」を繁華街や観光地に25店舗展開している。

システムデポリー タルト成型システム

今年2月にシステムデポリーを導入。「嘉華鮮花餅」ブランドの新しい土産菓子として、雲南省で名産の薔薇を使ったタルトを生産している。
一日2万個弱、繁忙期には4万個を製造。一部は冷凍のまま各店舗に運ばれ、店頭で焼きたてを販売している。アルミカップを使用することで、流通しやすい仕組みとなっている。
設備について、「以前は単体の機械を導入していたが、中国でも人材不足は課題になってきている。これからは全自動の機械でマーケットに合った製品をつくっていきたい」とおっしゃっていた。

「嘉華玫瑰塔(薔薇タルト)」中味は薔薇あんと上生地の2重になっている。 「草莓(イチゴ)」「芒果(マンゴー)」「海椰(ココナッツ)」の3種類

クッキー生地充填、ヒートプレス、薔薇あん充填、上生地充填の4工程を自動化

「玫瑰草莓塔(イチゴタルト)」生産の様子