【ご活用事例】リボン食品株式会社 様

リボン食品株式会社

本社所在地 大阪府大阪市淀川区三津屋南3-15-28
URL http://www.ribbonf.co.jp/
掲載号 マスダックニュース 2018年12月号

多彩なタルトの生産に活躍

業務用のマーガリンや冷凍パイ生地を手掛けるリボン食品は、1907(明治40)年に日本で初めてマーガリンを製造。さらにコンパウンドマーガリンや冷凍パイ生地、冷凍デザートケーキなど、数々の日本初の製品を開発してきたパイオニアだ。
2018年に創業111年を迎え、経営の世代交代を図ると同時に社屋を一新し、その後新工場も竣工した。
これまで手掛けたプライベートブランドのパイは2千以上。開発力や技術力、確かな品質に裏打ちされた、パイシェルやタルトなどのオリジナル商品の販売にも力を入れている。

新工場竣工時に30年使用していたトンネルオーブンを更新。3台に増設し、パイタルト、クッキータルトの焼成にご使用いただいている。
「タルトはここ数年で売上が伸びている人気商品。新しいオーブンにしたことで、温度調整がしやすくなり、焼き色も均一できれいになった。形状や生地の違う商品を切り替えて生産しているので、使い勝手がよくなり助かっています」とのお言葉をいただいた。
また、「機械をそのまま使うのではなく、どうカスタマイズすれば機能を高められるか、よりリボン食品らしさを追求できるか、今後も一緒に考えていきたい」と、パートナーシップを重視されていた。

トンネルオーブン出口。 タルト生地を1つずつ型に入れて成型、焼成する

パイタルト

クッキータルト