【ご活用事例】しみず食品株式会社 様

しみず食品株式会社

本社所在地 青森県八戸市北インター工業団地5-5-3
URL http://www. shimizushokuhin.co.jp/
掲載号 マスダックニュース 2018年7月号

前後工程の自動化で、さらに省人化を実現

しみず食品株式会社は1951年創業。朝生商品を地元スーパー、生協等に、どら焼きを全国並びに海外に供給する卸部門と、直営店「菓蔵(かぐら)」を2店舗、八戸市の観光施設ともなっている総合食品センター「八食センター」内にみやげ品店・創季屋(そうきや)を営む3事業形態で発展してきた。2006年に八戸の沿岸部に新工場を竣工し、新たな設備も整えて稼働、軌道に乗りかけていた時に、2011年3月11日、東日本大震災が発生、工場・事務所が壊滅的な被害を被る。
2012年9月に日本大震災事業者再生支援機構の支援を受け、八戸グリーンハイテクランドの工場再建をはじめ、2013年に工場が竣工した。

全自動どら焼機

2013年の新工場竣工を機に、全自動どら焼機を増設した。
「もともと自動化率の高いマスダックのどら焼機に、生地の投入や後工程の包装、箱詰めを自動化したことで、より少ない人数で効率的に生産できるようになった。これから、もっとどら焼機を増やしていきたい」と、さらなる増設への意欲をお持ちだった。
また、「中味のあんの投入方法や洗浄方法など、効率化したい部分はまだまだある。マスダックの提案を期待しています」とのお言葉をいただいた。

「ふんわり 小倉どらやき」「ふんわり 小倉ばたどら」「栗あん どらやき」

焼きあがりの様子

角折り包装、トレー乗せ、ピロー包装までがすべて自動化されている

ソフトムーンケーキライン

「いか墨カスター」をはじめ、数種類のソフトムーンケーキを生産している。

「いか墨カスター」カスタードクリームの中に、リンゴジャムが入っている

「いか墨カスター」を生産中のソフトムーンケーキライン

「白ウサギの果実摘み」「ふん和菓抹茶」「青森リンゴのふわとろココア」