沿革 ~MASDACの歩みは、おいしい笑顔を広げる歩みでもあります~

2018年9月 食品事業部を分社
「株式会社マスダック東京ばな奈ファクトリー」設立
2018年2月 マスダックニュース創刊600号、50周年
2018年1月 新コーポレートスローガン「Sweets Innovation Company」を制定
2017年3月 創立60周年
2015年6月 スイーツ生産フレキシブルシステム「VSライン(バラエティスイーツライン)」を
FOOMA JAPAN 2015にて発表
2015年2月 食品事業部、管理本部、品質保証室が「FSSC22000」を取得
2014年5月 増田文治、日本製パン製菓機械工業会 理事長に就任
2014年5月 ドイツで開催された国際的な包装機械・資材展で世界最大規模の展示会「interpack 2014」に出展
2014年4月 シンガポールで開催されたアジア最大級の食品・飲料関連展示会「FHA 2014」に初出展
2014年3月 経済産業省「グローバルニッチトップ企業100選」に選定
2013年10月 「マスダックヨーロッパ (MASDAC EUROPE B.V.)」を
「マスダックインターナショナル (MASDAC INTERNATIONAL B.V.)」に社名変更
2013年10月 アメリカで開催されたベーカリー業界世界最大規模の展示会「IBIE 2013」に初出展
2013年5月 上海で開催されたアジア地域最大規模のパン・菓子業界の専門見本市「ベーカリーチャイナ 2013」に単独初出展
2012年10月 福岡営業所を福岡県筑紫野市から福岡県福岡市へ移転
2012年9月 「ハイキャパシティ マンジュウファンケーキマシン」をiba展で発表
2012年5月 マスダックヨーロッパ(現:マスダックインターナショナル)の株式70%取得
2011年10月 H1デポジッター開発
2011年7月 「ファインアップトンネルスチーマー」
日刊工業新聞社主催 第41回 機械工業デザイン賞 審査委員会特別賞受賞
2011年5月 過熱蒸気発生ユニット「ヒートプラス」
日本食糧新聞社主催 第14回 日食優秀食品機械資材・素材賞 機械部門受賞
2010年6月 過熱蒸気発生ユニット「ヒートプラス」開発
2009年9月 充填成型機「システムデポリーエボリューションII」
日本食糧新聞社主催 第12回 日食優秀食品 機械資材・素材賞 機械部門受賞
2009年7月 充填成型機「システムデポリーエボリューションII」
日刊工業新聞社主催 第39回 機械工業デザイン賞 日本商工会議所会頭賞受賞
2009年4月 増田文治、第5回埼玉ちゃれんじ企業経営者表彰・埼玉県知事賞受賞
2009年4月 ヨーロッパにて現地生産開始
2008年6月 ユニット式充填成型機「システムデポリー エボリューション II」開発
2007年11月 食品新工場2期工事完了
2007年3月 創立50周年
2007年1月 株式会社マスダックに社名変更
2006年11月 AIB監査で最高位「SUPERIOR」を取得
2004年7月 食品新工場1期工事完了
2004年5月 マスダックヨーロッパ(現:マスダックインターナショナル)設立
2004年4月 上海駐在員を派遣
2003年10月 世界最大の製パン製菓機械展「iba2003(ドイツ)」に単独出品
2001年12月 ドイツの離型油メーカー「デュボア社」と技術提携
2001年6月 シンニホンニュースが通算400号
1999年9月 「システムデポリー」日本食糧新聞優秀食品機械・資材賞授賞
1999年6月 増田文治、代表取締役社長に就任
1997年2月 ユニット式充填成型機「システムデポリー」開発
1995年11月 増田文彦(当時社長)勲四等瑞宝章受章
1994年2月 多機能多列充填機「フレックスデポリー」日経年間優秀製品賞受賞
1991年10月 『東京ばな奈「見ぃつけたっ」』生産開始
1991年10月 食品工場(現・小手指南工場)竣工
1990年7月 情報発信基地「アトリエ シンニホン」開設
1990年4月 ブランド「MASDAC (マスダック)」誕生
1989年2月 遠赤外線ガス式トンネルオーブン「サーマルメディアオーブン」開発
1988年5月 増田文彦(当時社長)、日本製パン製菓機械工業会会長に就任
1987年4月 「ソフトムーンケーキライン」開発
1987年4月 増田文彦(当時社長)、黄綬褒章受章
1987年2月 万能製菓機「システム・ワン」の開発により中小企業向け自動化機械開発賞受賞
1986年2月 万能製菓機「システム・ワン」日経年間優秀製品賞受賞
1985年12月 シンニホンガーデン完成
1984年11月 万能製菓機「システムワン」開発
1984年9月 超低圧二次蒸気発生装置付きトンネル蒸し機開発
1984年9月 福岡サービスセンター(現営業所)開設
1982年11月 所沢本社第三工場、食品モデル実験工場完成
1982年1月 名古屋営業所開設
1979年12月 技術研究所完成
1976年9月 タイトアップマシン開発
1976年4月 本社を東京都新宿区から埼玉県所沢市へ移転
1975年1月 「アルミフーズフォルダー」開発
1974年4月 製菓実験工場として食品部発足
1968年3月 シンニホンニュース創刊
1967年4月 所沢工場第1期工場完了
1966年4月 大阪営業所開設
1966年2月 「SNライン(トンネルオーブンライン)」製造を開始
1961年8月 「自動サンド機」開発
1959年7月 「全自動どら焼機」開発
1957年3月 新日本機械工業株式会社創立