2019年4月マスダックグループは株式会社マスダックを持株会社兼事業管理会社として、機械事業の株式会社マスダックマシナリーと食品事業の株式会社マスダック東京ばな奈ファクトリーに分社化しました。
当グループは1957年創立以来、日本独自の菓子パン、和洋菓子を製造する機械の開発・設計・製造を行っております。また、1974年からお菓子のOEM事業を開始し1991年から東京ばな奈の生産を行っております。

マスダックグループは2017年に創立60周年、人間でいえば還暦を迎えました。これを機に次の60年に向けて新しいコーポレートスローガンを「Sweets Innovation Company」としました。創業以来、世界にないお菓子やその製造機械を開発してまいりましたが、2000年より食の安全・安心を実現する機械の設計にも重きを置いています。また国際規格への準拠、機械の輸出、欧米やアジアの主要展示会への出展など時代の変化に対応して日本の菓子産業の国際化に対応してまいりました。

今、世界的に大きな変化が起きていますが日本の菓子業界においても課題が山積しています。これらの課題を解決するために菓子の製造機械についても様々なイノベーションが求められています。

お菓子は、人間の心にホッとした余裕を与え、人間関係を円滑にします。
人々に笑顔を与え幸せにするお菓子の役割は人間が豊かに生活するために益々重要になると思います。当グループは、世界中の人々に安全でおいしいお菓子を気軽に食べていただけるように貢献してまいります。