ご活用事例

株式会社回進堂 様
ご活用先のホームページを見る

岩手県

2017年7月号掲載

全自動どら焼機の製品情報

一文字焼きから変わらない味を再現

郷土銘菓の「岩谷堂羊羹」は、延宝(1673~1680)年間、岩谷堂城主が羊羹の製造を保護奨励、「岩谷堂羊羹」と命名され現在に続く。340年以上の伝統をもつ地域ブランドである。

回進堂は「岩谷堂羊羹」をメイン商品として、奥州市江刺区に工場・本店を置く創業90年のお菓子屋である。

 

「どら焼」はりんご、小倉、胡麻の3種類。りんご餡には、地元の江刺りんごを使用している

 

全自動どら焼機

2006年に全自動どら焼機(850個/時)を導入。2017年により生産能力の高い1600個/時のタイプへ更新した。

しっとりとした弾力のある皮で、たっぷりのあんをサンドした昔ながらのどら焼を生産している。「羊羹屋のどら焼」として人気で、生産量は年々増えている。

機械導入前は一文字焼きで生産していた。全自動どら焼機を導入後も、配合を変えずに生産できると喜ばれている。

 

稼動中の全自動どら焼機。一文字焼きを再現するため、上火は使わず、反転させて両面を直焼きしている

 

焼成後のどら焼をクーリングトンネルで衛生的に冷やす。設置スペースも短縮

 

更新時には今後の新商品開発のために、2連の中味充填機と、栗などのトッピングを投入するスペースを設けた

 

 

 

合わせ装置は、取り外して清掃できる。交換用部品を近くに用意し、生産中でもすぐ交換ができる体制を整えている

 

関連情報

ページの先頭へ戻る
株式会社マスダック